Roof–1

エネルギーをつくる屋根

Roof–1
Roof–1

未来の屋根は美しい

は、
未来の当たりまえです
Akiya–A by Monochrome 屋根一体型太陽光パネル 導入済み
Roof by Monochrome Roof–1 (屋根一体型ソーラーパネル)
Roof by Monochrome Roof–1 (太陽光パネル一体型屋根)
Close-up of Roof–1 on Akiya–A by Monochrome (ソーラールーフ)

Monochrome Roof–1

Roof1は太陽光パネルが一体になった屋根材です。
太陽光パネルが一体になった屋根材と、同色の金属屋根やパーツ類で、他にはないデザインを実現。 エネルギーの発電と自家消費に必要な設備を、販売から施工までワンストップで提供します。 消費エネルギーを視覚化するソフトウェアをはじめ、オプションも充実。

太陽光 + 屋根

Roof–1
フルモジュール
Roof–1 フルモジュール
Roof–1
ハーフモジュール
Roof–1 ハーフモジュール
金属屋根
モジュール
金属屋根 モジュール
金属屋根
パーツ
金属屋根 パーツ
太陽光パネル一体型のRoof–1モジュールと、太陽光無しの金属屋根モジュール。ご家庭の人数やライフスタイルに合わせて2つの割合を調整しながら組み合わせれば、お好みのエネルギー量を発電します。パーツ類の色まで、すべてRoof-1モジュールに合わせて、一体に見えるデザインを実現。モジュールはフルサイズとハーフサイズがあるので、屋根全体を有効活用できます。

設備

パワー
コンディショナー
パワー コンディショナー
ソフトウェア*
ソフトウェア*
分電盤センサー*
分電盤センサー*
バッテリー*
バッテリー*
おひさま
エコキュート*
おひさま エコキュート*
モノクロームは太陽光エネルギーを効果的に自家消費するために必要なシステムをワンストップで提供します。「蓄電池」や「おひさまエコキュート」を組み合わせることで、太陽光エネルギーを夜間や雨の日にも使えるようになります。分電盤をソフトウェアと繋ぎ、専用アプリを使えば、消費エネルギーの視覚化までできます。
* 標準パッケージには含まれません

すべて一体化

All-in-one

屋根と太陽光パネルが一体化。屋根として設置ができるから、 たった1回の施工で完了。 しかも軽量。架台も不要。
Roof–1
吊子・バックアップ材
野地板に吊子金具を打ち、その間に特殊形状のスチロール板を敷き詰めます。このバックアップ材の構造で、ケーブルの通路と通気を同時に確保します。
一体化したRoof–1モジュール
ガルバリウム屋根と特殊加工の太陽光モジュールを美しく一体化した「屋根一体型太陽光パネル」をバックアップ材の上に設置し、ケーブルを接続。
留め具・役物
最後に吊子とキャップで上から固定。飛来物等によりパネルの一部が損傷したとしても損傷箇所だけを取り替え可能。高いメンテナンス性を実現。
Roof–1
高い耐久性
表面は強化ガラスになっており、火災や雹などの飛来物にも耐えます。審査の厳しい耐久試験をいくつも経て、その頑丈さが実証されました。
Roof–1 Roof Structure schematicRoof–1 Roof Structure schematicRoof–1 Roof Structure schematic
Roof–1 Roof Structure schematicRoof–1 Roof Structure schematicRoof–1 Roof Structure schematic
Roof–1 Roof Structure schematicRoof–1 Roof Structure schematicRoof–1 Roof Structure schematic
様々な形状の屋根に対応
板金加工により、ほとんどの屋根形状に合わせることが可能。天窓や煙突にも対応します。特殊な形状の屋根でも、まずはご希望のデザインをお聞かせください。
Roof–1モジュールは25年間無償出力保証、金属屋根は30年間無償保証です。また、モジュール単位で取り外しが可能ため、損傷した場合も損傷したモジュールだけを簡単に取り替えが可能です。詳細は保証規約をご参照ください。
免責事項
天災や事故等に起因する不具合 その他、保証書に定める事項
太陽光発電モジュール
製品保証: 20年間 出力保証: 25年間 塗膜保証: 30年間
保証出力に対して基準値未満(1年後: 97%10年後: 90%25年後: 80%)の場合に保証します。
金属屋根
塗膜保証: 30年間 穴あき保証: 30年間
保証対象
積雪地域20年間* 塩害地域20年間 重塩害地域10年間**
*積雪300cmまで **海岸線からの距離が500m以下の地域で、 直接波しぶきが当たる場合を除く
Roof–1保証規約

Roof–1で実現できること

地球環境や家計にやさしい、電力消費の最適化。 災害時の安心。これまでにない建築意匠。 Roof-1は、すべてを実現します。
Man passing by Tesla batteries on a wall
Monochrome app on a phone screen
Engineer working with electrical cables

感知できる分電盤

分電盤にセンサーを組み込むことで、発電量だけでなく、設備や部屋毎など消費量の内訳まで、データの取得・蓄積が可能になります。
Illustration for the Monochrome distribution board

日々の消費電力を最適化する

専用アプリは発電量に加えて、照明やエアコンなど、設備ごとの詳細な電気使用量をモニターできます。

停電や災害からも、家族を守る家

停電時も安心。Roof–1が発電したエネルギーを蓄える蓄電池を設置すれば、貯めた電気をいつでもご家庭で利用可能です
City by night
City by night in a blackout

地球と家計にやさしい生活

Roof–1を設置するのは、 年間3600kgCO2排出を代替することになり、 杉の木258本を植林するのと同等の効果があることになります。
また、Roof–1を設置するのは、年間29万円の電気代を節約できることになります。
Ozone
Forest
一般的な家庭で必要となる出力を7kWと仮定した場合、年間約8,000kWh発電します。8000kWhの電気を電力会社から購入した場合、電力会社はその量を発電するために、化石燃料を燃やしているので、3600kgCO2を出しています*。年間3600kgCO2を吸収するには、258本の杉の木が必要という試算があります。つまり、Roof–1を設置するのは、年間3600kgCO2排出を代替することになり、杉の木258本を植林するのと同等の効果があることになります。現在の平均的な電気代は36/kWhのため、8000kWhの電力を使用すると電気代は約29万円になります。つまり、Roof–1 (7kW) を設置すると、年間29万円の電気代を節約できることになります。 *東京電力エナジーパートナーの2021年度CO2排出係数に基づく

Monochrome にすべて、 おまかせください。

何からはじめていいか、 わからなくても大丈夫。 太陽光発電の導入やご説明、消費電力を賄うのに必要な発電量の試算、 電力消費を最適化するための各種設備の販売まで、 ご自宅のサイズやライフスタイルに合わせて、 ワンストップでご提供します。
Monochrome Akiya-A House Farshot

ギャラリー

Casa BRUTUS カーサブルータス 2024年6月号に掲載
Yamanaka Terrace
無印良品インフラゼロハウスにモノクロームのRoof-1が提供されています
屋根一体型太陽光パネルRoof-1が新建築に掲載されました
屋根一体型太陽パネルによりオフグリッドを実現した冷泉小屋
ソーラールーフ、Roof-1を施工する様子
MC-Social-20230501-1.jpg
PXL_20230721_042552754.jpg
煙突のある屋根に施工したRoof-1