Monochrome at PV Expo
2023 02 22

初出展: モノクロームが第16PV EXPO春太陽光発電展に出展

株式会社モノクローム((東京都中央区、代表取締役CEO:梅田 優祐、以下モノクローム)2023315日(水)〜317日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される『第16PV EXPO春太陽光発電展』に出展いたします。

当社ブースでは屋根一体型の太陽光パネル、Roof–1(ルーフワン)を展示します。意匠登録をしているRoof–1の実物や、Roof–1の発電量と消費量をリアルタイムで部屋ごとに見ることができる独自開発のアプリのデモをご覧いただけます。 また、横須賀市秋谷に建設中のRoof–1を搭載する弊社の2棟のモデルハウスAkiya-Aは中川エリカ氏、Akiya-Eは能作文徳氏が設計を担当し、その建築模型や設計の様子を納めた写真を展示します。

出展製品”Roof-1”のご案内

美しいデザインの屋根一体型太陽光パネル 

モノクロームが開発したRoof–1は、独自の特殊加工により太陽光発電モジュール全体の色を黒色とし、また黒色の金属屋根と一体化させた、太陽光パネルとわからないような美しい見た目の屋根材です。Roof–1は、意匠権を取得しています。

また、Roof–1は屋根と太陽光パネルを同時に施工できるため、通常の独立型太陽光パネルを屋根の上に設置する場合と比較して、新築時には施工費が安くなることもその特徴です。本展示会では、ブース内に小型の屋根を設け、Roof–1の実物を設置した状態での展示をいたします。

独自開発のアプリでエネルギーの発電と消費モニタリング

Roof–1で発電した電力に加えて、家のどこで、どれくらいの電力が使用されているかを独自のアプリで簡単に把握することが可能になりました。エネルギーの発電から消費までをワンストップで見える化することで、効果的なエネルギー利用が可能になります。

当社ブースでは、当アプリのデモを展示します。弊社モデルハウスで、Roof–1が実際に発電したデータや、社員が実際に住んだ際の実際の消費電力データをご覧いただけます。*出展内容は変更する場合がございます

開催概要

展示会:第16回 PV EXPO春太陽光発電展開催期間:2023315日(水)~317日(金)最終日は1700まで展示場所:東京ビッグサイト 東2ホール ブースE16-42参加費:1名様につき招待券1枚が必要(無料にて事前申請が可能)公式サイト:https://www.wsew.jp/hub/ja-jp/about/pv.html

*無料の展示会招待券は下記URLよりお申し込みくださいhttps://entry.reedexpo.co.jp/expo/FC/?lg=jp&tp=inv&ec=PV&em=about

最新情報

















プレスページへ